FC2ブログ



㈱アキスタッフによるブログ開設!



akisckeskozai
掃除とは・・・。
久しぶりにブログへの参加となりました 塚本です。
優秀な後輩、影近さんのおかげで すっかりお気楽となっております(反省)
そんな彼女に 先輩として私が教えてあげられるのは
主婦暦の長さからくる 家事の事くらいでしょうか(笑)

さて、ここからブログネタです。

私の長年の友達グループの中に「掃除のプロ」がいます。
別にダスキンさんとかに 勤めてるわけじゃありません。
「掃除」を究めてる!としか思えないくらい 素晴らしい掃除をするんです(笑)
彼女の家は いつ行っても 新築当初のままの美しさを保っています。

そんな彼女が我が家へ来た際に 可哀想に思ったのか 掃除の仕方を教えてくれたので
ご紹介したいと思います(笑)
過去 何度も指導されているのですが 進歩がない!と叱られてます(笑)

普段の塚本家の掃除というのは 
・とりあえず周辺を片付ける
・掃除機をかける
で終了です(笑)

これは 彼女に言わせると「掃除機をかけただけね」と言われます。
「掃除機をかける」イコール「掃除」じゃない・・・という事です。
じゃあ、どうするか?と思いたち ハタキを持って ハタこうとすると
「普段、掃除機しか かけてない人は ハタキは使っちゃダメっ!」と
更にダメ出し・・・。

ますます 判らなくなりました。
イメージとしては ハタキをかけて、掃除機、更に拭き掃除か?!と
安易に考えていたのですが・・・。

掃除機をかけてるのは ほぼ、床の上だけ。
床の上だけを掃除するんなら 今はやりのロボットで充分だと。

普段から掃除がテキトーな私に 彼女が教えてくれたのは ホコリの事。
① 人間が動くたびに ホコリが舞う
② 目に付かない所に降り積もる     
③ 降り積もった事に気が付かないで 床だけ掃除機をかける       
④ 掃除機の風や、人の動きで 降り積もったホコリも舞い上がる
⑤ 掃除機は終わっても 部屋の空気には ホコリが舞いあがってる
⑥ 色々なホコリが ミックスされて また降り積もる・・・。
と、負のスパイラルで ホコリは溜まって行くのだと・・。

彼女いわく、③の段階で ホコリを減らさなければ
増えていく一方で、掃除が しにくい細かい部分にまで 入り込んでしまう。
というのです。

つまり掃除機だけでは 絶対 ホコリは減らないというのです。

まず、

1・見せる収納と隠す収納の区別をキチンと付けること!

これは こまめに掃除する部分を限定する事で 掃除をし易くするという事。
掃除ベタは 自分で掃除しにくくしてるようです。
例えば・・
市販のカゴやカーテンなどを使って 見えないように隠す。
見える本、CDなどは 高さ向きなどをそろえる・・・ 

これは 視覚的にもキレイになるのですが、掃除グッズも扱いやすくなるんです。
高さが揃ってて 余計な物が出ていないから。
掃除しやすい事がポイントなんです。


2・ホコリを舞い上げないこと!

普段から マメに掃除をする彼女の家では いきなり掃除機をかけても 
ホコリが 舞い上がるという事は ほとんどないそうです。
舞い上がるような ホコリが溜まってる 我が家で、ハタキを叩けば
とんでもない事になってしまいます(笑)

まず、静電気タイプや 取替え式などの市販の掃除グッズなどで そぉぉ~~っと ホコリを集める。
あつまったそこだけを 一瞬だけ掃除機で吸い込む。
集めるのは そぉぉ~~っとで 集まるものだけで充分。
舞い上がるのは この ふわふわした物だけだからです。

この後、私は 拭き掃除をする羽目になったのですが、溜まりすぎだったからで
普段 目に見えないウチから ふわふわしたホコリを取り去っていれば
市販の掃除グッズで 表面をなでるだけで キレイになっちゃうんだそうです。

溜まったホコリが少ない状態を維持できければ 
掃除機をかけた後 充分に換気をしてから 静電気タイプなどで
溜まるであろう場所を ひとなで、ふたなで・・・。
これで 充分 キレイを保てるそうです。

(塚本は 1週間ほどで 挫折しましたが・・・。)

設計する上で 収納計画は とても大事です。
私は いつも「何を ドコに 誰が どうやって片付けるか?」を考えてプランニングします。
必要な場所に、必要な大きさの収納を確保する事!と意識していますが

ついつい「広いリビングが素敵・・・」などが打合せの中心になってしまいます。
ただ広いLDKでは 家族が持ち込んだ「モノ」で すぐにあふれてしまうのに・・・。
反省ですね・・・。

イクメン、弁当男子など・・・最近は家事に参加してくれる男性が増えてきましたが、
まだまだ奥さんが 家中の片付けに追われてる・・・という家が多いかもしれません。
リフォーム!とまではいかなくても 簡単な収納計画で 
劇的に お掃除がラクになるかもしれません。

一度 家の収納について 考えてみてくださいね!



ここまで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします(^^)
 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.